地盤調査


地盤事故を減らす地盤調査誕生

せっかく建てた新居が、傾いてしまったら???
建物が傾きだすとダメージを受けるのが、人間でいう骨格にあたる柱や基礎などの「構造材」です。
しかし、構造材は簡単に交換したり、修復したりできません。
雨漏りなどといったトラブルと違い、家が傾いてからでは遅いのです。
だからこそ、家を建てる前には地盤についてよく知っておくことが大切です。
土地や建売住宅の売り出し広告には、交通の便、日当たり、風通しなどのうたい文句が並らび、誰でも物件を選ぶ際には必ずチェックする項目です。
しかし地盤の善し悪しについて触れた広告を見たことがあるでしょうか。


地盤はどうやって調べるの?

戸建住宅で、最も広く採用されているのがスウェーデン式サウンディング試験(以降SWS試験)と呼ばれる調査方法です。
SWS試験とは?
スクリューポイントを取り付けたロッドに1.0KNまでの荷重を加えて、ロッドがどれだけ地中に貫入するかを測定します。
貫入が止まった後、ハンドルに回転を加えてさらに地中にねじ込み、一定距離を貫通させるのに必要な回転数を測定し、その結果をもとに地盤の強度を判断します。
1976年にはJIS規格(日本工業規格 JIS A 1221)に制定され、現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されています。
SWS試験はローコストで出来る地盤調査ですが、以下のような問題点もあります。

この試験は、先端に円錐形のスクリューポイントを取り付けたロッド(鉄棒)を地面に突き立て、25,50,75,100kgと段階的に荷重を掛けていき、貫入具合を測定します。
静止状態による沈み込み(自沈)がなければロッドを回転させ、25cm貫入するのに半回転(180度)で何回転したかを測定します。回転数が多ければ固い地盤、回転数が少なければ軟弱地盤といえます。
非常に硬い地盤や、その他の原因で貫入不能とならないかぎり、深さ10メートルまで測ることができます。
当社では、地盤調査機にオートマチック試験機を採用しており、コンピュータ制御でデータを自動で記録するため、信頼性の高い地盤調査を実現しています。


デメリット
 ■土質の判定が難しい。(音を聞き分けるなど経験が必要である。ジャリジャリ=砂無音=粘土)
 ■地表面のよく締まった盛土や石ころの摩擦力により、良い地盤と判定(改良なし)される場合がある。
 ■長い時間の圧密を受けた深部の安定した層でも軟弱と判定される場合がある。
 ■非常に軟弱で、地盤沈下の元凶である腐植土と粘性土の区別が出来ない。
 などから、不必要な改良工事判定が出たり、改良工事をしたにもかかわらず、地盤沈下事故が起こる場合もあります。




新しい地盤調査

そこで地盤を科学する「スクリュードライバー・サウンディング試験」(以降SDS試験)の誕生です。
SDS試験は、従来のSWS試験を改良したもので0.25mごとに摩擦抵抗を補正し、載荷荷重を段階的に加えながら負荷(トルク)と沈下速度を測定します。そのデータから分析グラフを作成して、土質を判断する事が可能になりました。
SDS試験を行うと
■腐植土の判別ができ、地盤事故を防止することができます。
■過圧密粘土を判別し不要な地盤改良を減らすことができます。



保有資格

生命を守る
もっと詳しくみる
砕石パイルと原地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがあります。

財産を守る
もっと詳しくみる
産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

健康を守る
もっと詳しくみる
福田工業の地盤改良は天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。




健康を守る
資料請求
メールでのお問い合わせ

よくある質問

スタッフ紹介

埼玉県 液状化マップ

国土交通省 ハザードマップポータルサイト



Copyright© 2015 – ‘2020’ fukuda-kogyo All Rights Reserved.