地盤保証

地震に強く、環境にも優しく資産価値の高い地盤を保証BIOS

昨今、長寿命で環境に配慮した住まいのニーズが高まってきています。
セメントゼロのオーガニック地盤保証BIOS[ビオス]は、そうした次代のニーズを見据え、地盤の強さだけでなく、土壌の汚染についても確固たる基準を設けることで、地盤を公正に調査・解析し、環境汚染の心配のない安全な地盤を保証します。
オーガニック地盤保証「BIOS」は、住宅地盤の地盤調査結果により改良工事の必要のない住宅地盤はもちろん、改良が必要と判定された際は、地盤改良工事において土壌汚染リスクのない工法に限定して保証を付保します。

BIOSの安心1
家の下から発ガン性物質が発生する!?
セメントを土と混ぜると、化学反応をおこし「六価クロム」という有害物質が発生する危険があります。「六価クロム」とはアスベストに並ぶ二大発ガン性物質の1つで、IARC(国際がん研究機関)からもリストアップされています。
改良の有無に関わらず、「脱土壌汚染」と判定された地盤には地盤証明書を発行!!
BIOSの安心2
ローンを払い終えたのに土地の価値がゼロになる!?
セメント系の地盤改良をする以上、土壌汚染が見つかると浄化費用がかかり、そして、地中埋建設物撤去費用のリスクはなくなりません。
セメントを一切使わないため資産価値毀損リスクはありません。
BIOSの安心3
なんと地盤事故は火災事故の2倍多い!?
地盤事故はなんと1,000件に10件以上も発生しているという調査結果もあるのです。また従来の工法では地盤改良したにも関わらず、不同沈下による事故が起こる可能性があります。
万一の事故が発生しても専任チームがすぐ伺います。

明瞭で安心な地盤保証
地盤の専門家として住宅会社様と末永くお施工主様を見守る体制をつくります。

見えない部分を大切にしている住宅会社チェックリスト
チェック
発がん性物質「六価クロム」の発生予防対策を行っている会社ですか?
チェック
住宅会社担当者・地盤会社は将来における地盤改良撤去費用の話をしてくれますか?
チェック
液状化、地震に強い地盤改良工法を提案してもらえましたか?
チェック
基礎仕様判定書にセメント改良以外を選択できるようになっていますか?
チェック
「うちは地盤改良をきちんとやっているから大丈夫」と言って、十分な説明を省略したりしていませんか?
チェック
「地盤保証がついてるから安心です」と言ってませんか?(※土壌汚染、撤去費用は保証の対象外です)
チェック
地盤調査及び地盤改良の見学をさせてもらえましたか?
チェック
地盤調査報告書や基礎仕様書を納得いくまで説明してもらえましたか?


保有資格

生命を守る
もっと詳しくみる
砕石パイルと原地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがあります。

財産を守る
もっと詳しくみる
産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

健康を守る
もっと詳しくみる
福田工業の地盤改良は天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。




健康を守る
資料請求
メールでのお問い合わせ

よくある質問

スタッフ紹介

埼玉県 液状化マップ

国土交通省 ハザードマップポータルサイト



Copyright© 2015 – ‘2020’ fukuda-kogyo All Rights Reserved.