柱状改良杭撤去 カットバケット

柱状改良杭、鋼管杭、土壌汚染土地評価を下げる

2003年1月に不動産鑑定評価基準が改正され、地中埋設物や土壌汚染が土地評価の鑑定時に、除去費用等を割り引いて土地評価額を算定されることになりました。
地中に埋めた柱状改良杭や鋼管杭が人工埋設物としてマイナス評価になるのです。

また、土地の売却を検討した際に、地中に埋設されている杭の撤去費用を買主から求められることが考えられます。
建て替えといった場合にも撤去費用がかかりますので気を付けなければいけません。

将来的に地中にある杭を地中埋設物として撤去する必要が必ず出てきます。
しかし、住宅地において柱状改良杭の全撤去は出来ておりません。

油圧ショベルにて上部1メートルから2メートルは取り除けておりますが、3メートル以上の深層部については撤去できずに地中に残されております。
福田工業が行う既存柱状杭撤去は、長年培ってきた地中障害物撤去の経験から一般住宅向けに改良し、住宅密集地においても柱状改良杭を地中に残す事なく全撤去することが可能になりました。

※カットバケットは「実用新案登録 第3205279号」であり、福田工業独自のものです。



カットバケット




保有資格

生命を守る
もっと詳しくみる
砕石パイルと原地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがあります。

財産を守る
もっと詳しくみる
産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

健康を守る
もっと詳しくみる
福田工業の地盤改良は天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。




健康を守る
資料請求
メールでのお問い合わせ

よくある質問

スタッフ紹介

埼玉県 液状化マップ

国土交通省 ハザードマップポータルサイト



Copyright© 2015 – ‘2020’ fukuda-kogyo All Rights Reserved.